CloudNative Days Tokyo 2019 / OpenStack Days Tokyo 2019 参加レポート

Posted on
クラウドネイティブ Event Report

はじめまして!エンジニアの吉村と申します。7月からHiCustomerにジョインしました。よろしくお願いいたします!

エンジニアブログ初投稿は、7月の22日・23日に開催されました「CloudNative Days Tokyo 2019 / OpenStack Days Tokyo 2019」の参加レポートです。入社直後でしたが、業務時間としてイベントに参加することを快く承諾していただきました。ありがとうございます。

参加した動機

昨年開催されたJapan Container Daysがきっかけです。非常に満足度の高いイベントでしたので、今年から生まれ変わったCloudNative Days Tokyoにも参加させていただきました。Japan Container Daysでもクラウドネイティブという単語は出てきてはいたのですが、その当時はそんな考え方があるんだくらいの印象でした。

そもそもクラウドネイティブってなに?

Japan Cotainer Daysのときにはなんとなくわかった気でいた「クラウドネイティブ」ですが、今回のイベント参加を通じて考えが深まった気がするので一度まとめてみたいと思います。

クラウドネイティブにはちゃんと公式の見解があって、「CNCF Cloud Native Definition v1.0」として公開されています。

Cloud native technologies empower organizations to build and run scalable applications in modern, dynamic environments such as public, private, and hybrid clouds. Containers, service meshes, microservices, immutable infrastructure, and declarative APIs exemplify this approach.

https://github.com/cncf/toc/blob/master/DEFINITION.md

正直よくわかりませんよね。クラウドネイティブを言及する記事をいくつか拝見しましたが、Kubernetesやマイクロサービスがそのアプローチだみたいな説明が多かったように思います。

そのなかで個人的に最もしっくりきた解釈をされていた方がいらっしゃいました。Kazuto Kusamaさんという方です。CloudNative Days Fukuoka 2019のKeynoteで発表された「飛び込もう、Cloud Nativeの世界」という資料で、

クラウドによって最大限に強化されるというマインドセットを持つこと=クラウドネイティブ

という説明がされています。詳しくは資料を読んでいただきたいのですが、サービスのライフサイクルから人間の関与をなくし、クラウドの能力を最大限に享受しようとすることが「クラウドネイティブである」ということが書かれています。クラウドネイティブであるためにCI/CDやIaC、オーケストレーションといったさまざまなアプローチがあり、これらの要件をうまく満たすテクノロジーがKubernetesとのことです。しかし、Kubernetesは一つの手段であり、サーバーレスやPaaS、マネージドサービスといった組織のフェーズや規模に適した選択肢があるということが強調されています。

この資料を読んだときに頭に浮かんだのは、GoogleのSRE本の5章、トイルの撲滅です。

通常運用中のシステムに人手が必要なら、それはバグだ。

クラウドネイティブとSREは非常に似た問題意識を持っているように思えます。

なぜクラウドネイティブを推進するのか

ではなぜ、クラウドネイティブもSREもサービスのライフサイクルから人間の関与をできる限り減らしたいのでしょうか。それはビジネス競争力のあるサービスを市場にいち早くもたらしたいからではないでしょうか。クラウドの普及でサービスを素早く構築できるようになったいま、新しいアイデアをより早くユーザーに提供し続ける重要性が増しているように思えます。そのスピード感をもたらすためにはやはり人間の関与がボトルネックなのです。この理由が共有されている組織は強いなとメルペイさんやYahoo!Japanさんのトークを聞いて感じました。

「メルペイのマイクロサービスの構築と運用」

「ヤフーのクラウドネイティブへの取り組みとそれを支えるシステム開発」

2社ともアプローチは違えど、強い目的意識のもとサービスや組織を改善されているとても参考になる事例で勉強させていただきました。

HiCustomerはどうなの?

もちろん弊社でもクラウドネイティブを推進しています!弊社はカスタマーサクセスの課題にサーバーレスで取り組む企業です。詳細は以下の資料をご覧ください。

私自身、サーバーレスはHiCustomerに転職して初めての挑戦になりますが、クラウドネイティブと相性の良いテクノロジーであると実感しつつあります。CloudNative Days Tokyoでもいくつかサーバーレスに関するトークがありましたが、Riotz.worksさんのトークは共感できる点がいくつもありました。

https://riotz.works/slides/2019-cloudnative-days/#1

「サーバレス・ネイティブがお伝えするフルサーバレス開発の魅力!」

次回は11月にCloudNative Days Kansaiだそうです。引き続き注目ですね!

https://cloudnativedays.jp/cndk2019/

We’re Hiring

HiCustomerでは、サーバーレスを支えるバックエンドエンジニア、フロントエンドエンジニアを募集しています。ぜひ気軽に遊びに来てください! Wantedly経由でご連絡をお待ちしております。